大阪でネオヒルズ族を目指す!オーダシャツを着て自宅で投資に励んでます。

ミヤネ屋に学ぶオーダーシャツ

大坂のお笑いタレントが良く同業者に
「おまえらは関東に進出しようとしているな」
っていう突っ込みをいれますね。
大坂から関東に進出するっていうのは
夢でもあり、不安でもあり。。。
彼らにとって、
大阪→関東圏=地元→全国区
という意味なのでしょう。
知名度も大きく上がりますし、収入だって莫大に増えます。
ただ、皆が皆、成功する訳ではありません。
残念ながら進出に失敗して大坂に戻った、という話だって聞きます。
大成功を収めた大阪人といえば
宮根誠司さんが思い浮かびます。
番組も良く見ています。そう、あの
「ミヤネ屋」ってやつ。
オーダーシャツ好きの僕からすると
宮根さんのシャツがとっても気になります。
いつも番組では必ず白。
ジャケットを脱ぐことはありませんが
おそらくオーダーシャツなんでしょうね。
白いシャツなので、明るい話題から悲しい話題、
なんでも対応できますし
目上のゲストやコメンテーターの方に
失礼もありません。
TPOをわきまえたオーダーシャツの選び方。
僕も見習うべき所です。

かなり前ですが、アイドルが司会をする番組に
ゲストで出たことがありました。
その時はとてもおしゃれな柄物のシャツでした。
身体にピッタリ合っていたのでオーダーシャツでしょう。
ざっくばらんな会話を楽しむ深夜番組。
その番組の雰囲気に合わせて選オーダーシャツ。
同じ男としていいな、と思いましたよ。